セミリタイア

スポンサーリンク
セミリタイア

山梨・河口湖/地方移住や二拠点生活におすすめの中古マンション物件

近年、都心から自然環境豊かな地域へと移住、あるいは二拠点生活の地を求める人は多くなっています。移住地・二拠点生活地としても人気の山梨県・河口湖周辺で、気楽に移住・二拠点生活を始めることができる『中古リゾートマンション』の物件を紹介します。
セミリタイア

リタイア後にやりたいことができる時間はどれだけある?【70歳までの就業機会確保】

現在、企業には65歳までの雇用確保(義務)に加え、70歳までの就業機会を確保するための努力義務が求められています。雇用機会が延長されるのは望ましい反面、リタイア後に健康で自由に楽しむことができる時間はどれだけ残されるのだろうか懸念されるところです。
セミリタイア

セミリタイア後の仕事は今の会社のアシストから入るのが始めやすい

セミリタイア後に自分で仕事を始めようとする場合、これまでの知識や経験を活かしたものにすることが多いと思います。現在の会社の仕事を手伝うのと並行して、徐々に自分の仕事の体制をつくっていくようにすると、円滑にセミリタイア生活に移行しやすくなります。
セミリタイア

セミリタイアにより地方都市への移住を考える場合の視点

セミリタイアにより通勤の制約がなくなると自分の好きな場所に住むことができます。居住費が下がればセミリタイアはしやすくなりますし、その後の生活の負担も少なくなります。ここでは、セミリタイアによる地方移住について、いくつかの視点を示します。
セミリタイア

【セミリタイア】必ずしも羨ましがられるような優雅な生活ではない

セミリタイアは、あくまで生活の形なので、その中には裕福な人もいれば、そうでない人もいます。セミリタイアは、必ずしも 羨ましがられるような優雅な生活であるとは限りませんし、支出を許容範囲内にさえすれば、いつからでも始めることが可能です。
セミリタイア

起業や新たな挑戦といったライフプランの可能性を広げる45歳定年制

新規開業の実態とシニア社員の状況を踏まえ、45歳定年制の合理性、可能性を示します。45歳を区切りに、基本的にみんな起業をするという世の中も悪くありません。また、45歳からスタートする会社も、新しいビジネスを生み出すきっかけにもなり得ます。
セミリタイア

【セミリタイア】必要な貯蓄があっても始めることに迷いがある場合

「本当にセミリタイアして良いかどうか迷っている」という声を聴くことがあります。何となく不安とか、会社を辞めると後戻りができないということで躊躇する人もいます。ここでは一定の貯蓄があってもセミリタイアに迷いがある場合の判断について紹介します。
セミリタイア

セミリタイアは生涯自分のペースで仕事を続けることができる生活スタイル

セミリタイアで始めた仕事は、生涯にわたって続けていくことも可能です。セミリタイアは『収入の減少と引き換えに自分の時間を確保するもの』だけでなく、『生涯自分のペースで仕事を続けていくことができる生活スタイルともなり得る』ということについて示します。
セミリタイア

セミリタイアして良かったこと【仕事の時間を自由に設定できる】

セミリタイアして良かったことはたくさんありますが、その中から、仕事の時間を自由に設定できるようになったことに関するメリットを紹介します。地獄の通勤からの解放。一日の中の時間の割り振りは臨機応変。安くて混雑しない平日に旅行に行ける。まとめて仕事をしてまとめて休める。
セミリタイア

セミリタイアして思う【セミリタイアを始めるための6つの条件】

セミリタイアを始めるにあたっては、一定の貯蓄額の確保のほかにも、いくつかの必要な条件が考えられますが、ここでは自分自身がセミリタイア生活をして思う『セミリタイアを始めるための6つの条件』について取り上げます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました